疑惑の交通事故16「事故が起きてからの経緯」

問題は解決したので、これからは解決に至る今までのことを書こうと思います。
事故に遭って嫌な、理不尽な思いをしている方への参考になればと思います。




ある日、数十年前からお世話になっている弁護士さんに今回の話を聞いていただきました。
「示談が済んでいるので過失云々を覆すことは難しいが、保険会社が行った経緯がどうだったかを知りたいね、録音も残っているだろうし。」

なるほど!ナイスです

 

そこで聞くことにしました、保険会社に。
「録音は弊社のもので開示はできません。」
「では、その録音内容を、経緯を書面で報告してください。」
しばらくしてから以下の内容が届きました。

その別紙が以下です。

4者面談が行われなかったことが不思議でなりません。
当時者同士、解決に向けた面談をするのではないのか?
相手が拒むから言いなりなのか?
おかしいでしょ!
保険を払ってサッサと終わらせたい感が丸わかり、こちらに伝わっていましたね。

保険会社は悪かったと認めましたが、隠ぺいしようとしたことは事実。
口コミなど見ると対応の悪さが沢山載っていますから、こうした問題を抱えて苦しんでいるのは私だけではないと思います。

 

私は徹底的に自分が納得するまで動きました。
拘りが強い、自閉の特性です。(良いのか悪いのか…笑)
警察もダメで、最後の最後に公安を頼りました。
公安の調査がなかったら本当に泣き寝入りで、モヤモヤした気持ちのままでした。

公安の方々、ありがとうございました。

 



タグ: , , ,
カテゴリー: 物語, 疑惑の交通事故

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

ご案内

トップページ

コースのご案内

入会のご案内

よくある質問

生徒様の声

教室概要

お問い合わせ

規約

投稿

LINE公式サイト

友だち追加

QRコードが表示されます

再入会もこちらから

新規投稿、更新のお知らせをします

なおみ先生のお店

全国の駐車場検索と予約

疑惑の交通事故

PayPal決済できます

ペイパル|銀行決済も手数料0円、カードのポイント貯まる|VISA,Mastercard,JCB,American Express, 銀行