子猫がやってきた

 

 


 

2016年4月5日
我が家に子猫がやってきました。


ライオンのようにモフモフ、モコモコしているので「もこ」と命名。
元気な男の子です。


知っていますか?

猫でも子猫、赤ちゃんです。
三時間(猫によります)ぐらい経つと食事、そのあとは排泄もします。
人間の赤ちゃんと同じように労力がいります。

 


 

猫を飼いたい!

子供が飼いたがるから飼う、ではいけません。
子供は子供のやるべきことがあり、猫の面倒はみれませんよね。なので、親ご自身が面倒をみれるかを考えてほしいです。
子育てが嫌な人、苦手な人、子供嫌いであったり自分の時間が優先と考える人には絶対に無理です。

飼ってみないと分からないと仰る方がいるでしょう。
でも本当に無理で、最後は飼育放棄に至ります。
人間では育児放棄にあたります。

赤ちゃんは可愛いです。
でも飼い主さんがお世話しないと育ちませんし、飼育環境は猫の性格にも関係してきます。
看取るその日まで家族として迎え入れ育てていけるか考えてくださいね。

 


 

何故うるさく言う?

飼育放棄された猫は野良となり、捕まえた猫を保健所は殺処分します。
また、交通事故に遭って命を落とす、ケガをして障害が残る猫もいます。
そうさせないために、保護ねこ活動の皆様が日夜頑張っておられます。
本当に…、敬意を表したいです。

人の子は人が守ってくれますが、猫は人が守らなければ生きていけません。
猫にも命があり、生きる権利があります。
ただ、飼い主を選ぶことができません。
最後までお世話ができるか、責任が持てるかを飼う前によく考えてほしいです。
姿形は違いますが、猫を育てることは人間の赤ちゃんを育てることと同じなのです。
子育てできない人に子猫は育てられません。

カメラに反応して寄ってきます


動きが素早くて、なかなか上手く写真が撮れません

 


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,
カテゴリー: もこ日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ご案内

トップページ

コースのご案内

入会のご案内

よくある質問

生徒様の声

教室概要

お問い合わせ

規約

なおみ先生のお店

投稿 / blog

LINE公式サイト

友だち追加

QRコードが表示されます

再入会もこちらから

注文住宅の落とし穴

疑惑の交通事故

女性向けメディアcommon


教室が掲載されました

全国の駐車場検索と予約