疑惑の交通事故 3「警察の事故検分」

威勢よく警察に電話をした相手。だが、現場の場所が住所説明ができない。

この辺りの人ではないなと思いながら、私が悪いのか?とずーっと考えていた。

流れ的に嫌な予感がした。

目には魚が良いニャン

 

警察への通報を終えた相手は「会社に電話しなきゃッ!」と職場へ電話していた。                                     

仕事中なら注意して運転しなさいよね。

こっちはカレーが冷めちゃったじゃん…。

 

もしも疑惑の事故に遭ってしまったなら

警察が来るまでに辺りを見回して目撃者や目撃車両を見つけスマホで写真を撮っておくと良いでしょう。

今はドライブレコーダーの装着率が高いので近くに駐車していた車に何かしら録画されているかもしれません。

写真は必要な時がくるまで、ご自身のスマホの中で眠らせておいてくださいね。

 

 

現場確認を最優先!保険会社への連絡は一番最後で良い

 

相手の車のナンバーや損傷状況、住所や電話番号、免許証確認、仕事中なら会社名などを相手から聞くこと。

私は先ず保険会社だと思い連絡をしてしまいました。

状況説明などしていたため相手と話ができず、そうこうしているうちに警察がきてしまいました。

私は保険会社と電話で話をしていたので、相手が警察に何と言ったか分からない。
何故か私が悪くなっていました。

私のぶつけられた助手席側の左前部を見て疑問が湧かなかったのだろうか?
保険会社への連絡は後でもよい話でした。
私はここでつまずいたのです。

私は失敗した

 

相手の情報は名前と携帯番号だけ。私が悪いのか?ばかり考えていたので免許証の交換を忘れていました。

ただ一つ、残った情報として相手が氏名と電話番号を書いて渡してくれたメモ紙。

裏には旭〇高校と印字がしてありました。これだけしか分からず、最後まで証拠を出すことができず加害者扱いのままとなりました。この時点で過失は9対1、私が9です。

どう考えても私からは避けられなかった、予期できなかった事故である。過失が9なんておかしい。

タグ: , ,
カテゴリー: 物語, 疑惑の交通事故

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

ご案内

トップページ

コースのご案内

入会のご案内

よくある質問

生徒様の声

教室概要

お問い合わせ

規約

投稿

LINE公式サイト

友だち追加

QRコードが表示されます

再入会もこちらから

新規投稿、更新のお知らせをします

なおみ先生のお店

全国の駐車場検索と予約

注文住宅の落とし穴

疑惑の交通事故

PayPal決済できます

ペイパル|銀行決済も手数料0円、カードのポイント貯まる|VISA,Mastercard,JCB,American Express, 銀行