疑惑の交通事故 8「考えられる状況」

相手は本当に直進していたのか?

でたらめなでは話ではないのか?

道路中央より反対車線側に私の車は待機していた。

私は人に気を遣う性分だ。私の車で道をふさぎ後方の車の進路を妨げるのは嫌である。

迷惑なことはやりたくないので、センターラインにほぼ平行な進路と角度を取った。 私の車の後ろは軽自動車であれば真っすぐ通り抜けられたはずだ。


下の写真をご覧ください。

右中央の白い車の進路を見てください。
このように横道から出てきたのではないかと思います。

右見て、左見て、もう一度右を見て道路を渡りましょう

子供の頃から教えられた言葉ですが、最初に左を確認する運転手って多いんですよね。

お分かりですか?

そうです、あの時も相手は左車線の車だけ注意して、進入時に右を確認しなかったため私とぶつかった。 そういうぶつかり方の傷であり、それしか考えられないんです。

普通に運転していただけの話であればですが…。 相手が何も話さない、ということは他に何かあったか?

 

 

過失は逆だった可能性があるが、相手とは示談しています。なので掘り返して責任を取ってくれとは言えません。

問題として、3〇保険会社に落ち度はなかったのか追求することにしました。

 

タグ: , ,
カテゴリー: 物語, 疑惑の交通事故

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

ご案内

トップページ

コースのご案内

入会のご案内

よくある質問

生徒様の声

教室概要

お問い合わせ

規約

投稿

LINE公式サイト

友だち追加

QRコードが表示されます

再入会もこちらから

新規投稿、更新のお知らせをします

なおみ先生のお店

全国の駐車場検索と予約

注文住宅の落とし穴

疑惑の交通事故

PayPal決済できます

ペイパル|銀行決済も手数料0円、カードのポイント貯まる|VISA,Mastercard,JCB,American Express, 銀行